SawaSawa

想い

Sawa-Sawaは2002年に開店しました。
それから2017年まで15年間少しずつ変化しています。
2018年から”ひとりカフェ”へと変わりました。

長い間、どなたでも心地よく過ごせるようにやってきましたが、
お客さまから、静かに過ごせてほっこりした、素になれる、
ひとりでのんびりできて嬉しいなど、いろいろな言葉をいただきました。
Sawa-Sawaらしさって、とびきりおいしいものがあるとか、楽しいとかじゃないなと
思うようになりました。
ひとりの時間を作れたり、日常から少しだけ離れてゆるやかな時を過ごせたり、
そういう空間なんだな~と。

それを今よりもっと大切にしたいと思い、”ひとりcafe”にすることになりました。
雑貨はこれまで通り、心地いい暮らしのものを揃えています。
ひとりcafeになったからといって、様変わりするわけではありません。

禅の言葉に「喫茶喫飯」…今という瞬間に没頭すること。
「喫茶去」…ただ無心にお茶をいただく。日常生活が真理そのものであるということ。
・・・という言葉があります。
そんな言葉のように、
ここへ来たら、お茶を飲んだり、雑貨を見たり、ひとりの時間を
ゆるやかに過ごすことを楽しんでいただけたらなと思っています。

このページの上に戻る